トップ > 立入検査結果(LPガスの保安)
LPガスの保安
立入検査

 九州産業保安監督部では、液化石油ガス法に基づき、所管の液化石油ガス販売事業者及び保安機関に対して立入検査を実施しています。
 検査の結果、重大な法令違反等が認められた場合は、改善指示を行い、事業者から改善報告を求めています。
 この場合、事実関係を九州産業保安監督部のホームページで公開しています。
 なお、検査項目については、毎年経済産業省から発表される「液化石油ガス販売事業者等液化石油ガス対策指針」で重点項目とされているものを中心として実施しております。
 なお、対策指針は講演・会議資料のページに掲載しております。

 

立入検査結果
【令和2年度】 2021/4/12

   令和2年度は4事業者(販売事業者及び保安機関)の事業所に立入検査を実施しました。

 4事業者とも、改善が必要と判断された事項はありませんでした。

   

 
【令和元年度】 2020/09/29

   令和元年度は11事業者(販売事業者及び保安機関)の事業所に立入検査を実施しました。

 そのうち9事業者に対し、改善が必要と判断された事項について、確認書を手交しました。

   改善が必要と判断された主な事項は、以下のとおりです。

   ○技術基準に適合していない場合の通知に、一部不備がある。

   ○保安業務の実施結果の確認が、一部不十分である。

   〇保安業務の委託内容に、一部不備がある。

 
【平成30年度】 2019/04/17

   平成30年度は13事業者(販売事業者及び保安機関)の事業所に立入検査を実施しました。

 そのうち6事業者に対し、改善が必要と判断された事項について、確認書を手交しました。

   改善が必要と判断された主な事項は、以下のとおりです。

   ○漏えい試験の手順に、一部不備がある。

   ○帳簿に記載すべき事項に、一部不備がある。

 
 
 
 
 
 
 
LPガスの保安
お知らせ
業務概要
申請・届出
事故・災害情報
関連法令
・立入検査結果
表彰・行事等
講演・会議資料
資格・試験
リンク
九州産業保安監督部 保安課

PDFファイルの文書等を表示する為にはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステム社で無償配布されています。お持ちでない方は下記サイトよりダウンロードしてください。

Adobe Readerダウンロードページ
ページトップへ