トップ > 立入検査結果(LPガスの保安)
LPガスの保安
立入検査

 九州産業保安監督部では、液化石油ガス法に基づき、所管の液化石油ガス販売事業者及び保安機関に対して立入検査を実施しています。
 検査の結果、重大な法令違反等が認められた場合は、改善指示を行い、事業者から改善報告を求めています。
 この場合、事実関係を九州産業保安監督部のホームページで公開しています。
 なお、検査項目については、毎年経済産業省から発表される「液化石油ガス販売事業者等液化石油ガス対策指針」で重点項目とされているものを中心として実施しております。
 なお、対策指針は講演・会議資料のページに掲載しております。

 

立入検査結果
【平成27年度】 2016/04/8

   平成27年度は14事業者(販売事業者及び保安機関)の事業所に立入検査を実施しました。

 立入検査を実施した全事業者について法令違反は認められませんでした。

   なお、立入検査時における口頭による改善指導の主なものについては、以下のとおりです。

   ○火気距離及び転倒防止措置が不十分であるにも関わらず、2号業務点検結果を「良」として販売事業者に

    報告している。

   ○質量販売時の調査結果が記録されていないものがある。

 
【平成26年度】 2015/08/05

   平成26年度は11事業者(販売事業者及び保安機関)の事業所に立入検査を実施しました。

 立入検査を実施した全事業者について法令違反は認められませんでした。

   なお、立入検査時における口頭による改善指導の主なものについては、以下のとおりです。

   ○保安業務の受託契約書が一部確認できない。

   ○保安業務の1、2号業務の範囲が事業所間で明確になっていない。

 
【平成25年度】 2014/11/14

   平成25年度は14事業者(販売事業者及び保安機関)の事業所に立入検査を実施しました。

 立入検査を実施した2事業者について以下のとおり法令違反が認められました。

   ○供給設備点検において、技術上の基準に不適合であった点検結果報告を販売事業者に通知していない。

     (法第27条第1項第1号)

   ○保安業務において、委託契約を締結しないまま保安業務を実施させている。(法第28条)

   ○帳簿において、保安業務を実施した機関名が異なる調査票を保管している。(規則第131条)

   上述の認められた法令違反事項については、2事業者から改善報告があり、改善済みです。

 

 
LPガスの保安
お知らせ
業務概要
申請・届出
事故・災害情報
関連法令
・立入検査結果
表彰・行事等
講演・会議資料
資格・試験
リンク
九州産業保安監督部 保安課

PDFファイルの文書等を表示する為にはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステム社で無償配布されています。お持ちでない方は下記サイトよりダウンロードしてください。

Adobe Readerダウンロードページ
ページトップへ