トップ > 講演・会議資料(鉱山の保安)

□平成27年度鉱山保安MS(マネジメントシステム)の構築・有効化支援ワークショップ事業

<事業目的>

    リスクアセスメント(RA)及び保安目標・保安計画の支援が必要な鉱山を対象に、平成26年度に実施した鉱山保安MSの構

  築・有効化支援モデル事業の成果(主にPの策定)を活用したワークショツプを開催しMS構築を支援するとともに、今後の有効な

  MS支援の検討材料とする。 

  

    <開催日時・場所・参加者数>

              ○第1グループ(福岡) 

         H271211日(金)10:0015:00 福岡合同庁舎         6鉱山 8名参加

    

       ○第2グループ(熊本)

         H28年1月22日(金)10:0015:30 Hメルパルク熊本        8鉱山 10名参加

 

              ○第3グループ(鹿児島)

         H2825日(金)  10:0015:30 サンエール鹿児島        3鉱山 5名参加

 

                                                  計 17鉱山 23名参加

 

        <講師>  

        損保ジャパン日本興亜リスクマネジメント株式会社  リスクエンジニアリング事業部  主任コンサルタント 太田 真治

      

    <ワークショップ内容>

       @MSガイドブック、RA事例集により、RAの位置づけ、必要性、重要性及び保安計画との関連について説明

          (使用した資料:RA説明資料 407KB、MSガイドブック 2.7MB、RA事例集50選 4.7MB)

       ARAの実施方法と留意点、ワークショップ用災害事例について説明

          (使用した資料:災害事例11件 1.2MB、洗い出しカード 167KB、RA洗い出し結果一覧表 19KB)

       B個人でRAの洗い出し 、グループでRAの洗い出し 

       Cグループ発表と講師評価 

 


            福岡会場                     熊本会場                   鹿児島会場
    
          
ページトップへ