トップ > 講演・会議資料(鉱山の保安)

□平成26年度鉱山保安講習会の開催結果について(平成27年1月5日更新)
 平成26年度鉱山保安講習会を下記のとおり実施しましたのでお知らせします。

○日時・場所
 平成26年9月19日(金) 13時30分〜17時00分 筑豊ハイツ(福岡県飯塚市)
 平成26年9月26日(金) 13時30分〜17時00分 戸育英会館(大分県津久見市)


○講習内容
 (1)鉱山保安マネジメントシステム構築のためのヒント
  講師:損保ジャパン日本興亜リスクマネジメント(株)  主任コンサルタント 太田 真治
 (2)発生頻度の高い災害防止のためのヒント
  講師:九州産業保安監督部 鉱山保安課 課長補佐 男澤 伸二


○配布資料
 資料1「鉱山保安マネジメントシステムの構築と有効化のためのガイドブック
 資料2「鉱山災害防止のためのガイドブック
 資料3「災害を防止するためのハードとソフトの優良事例集
 資料4「粉じんに関する作業環境改善事例集


○受講者数
 飯塚会場 44名  津久見会場 59名

○アンケート結果(概要)
 講習会終了後、出席者に対しアンケート調査を実施しました。 アンケート結果の主なご意見は、以下のとおりです。

(飯塚会場)
 ・マネジメントシステムの話が難しかった。
 ・鉱山労働者全員にこのシステムを理解してもらうには時間がかかると感じた。
 ・鉱山保安マネジメントシステムの概要が理解でき良かった。
 ・マネジメントシステムの基本を再認識できた。
(津久見会場)
 ・保安目標の達成度の評価で、目標値が数値でない場合は、評価しにくいと感じた。
 ・現在進めているマネジメントシステムの正当性が再確認できた。
 ・マネジメントシステムについて分かりやすく理解できた。
 ・現在行っているマネジメントシステムが間違いないものであると確認できた。
 ・資料の字が小さかった。

 貴重なご意見ありがとうございました。
 頂きましたご意見については、今後、各鉱山に対するマネジメントシステムの構築・有効化のための各種支援(講習会等)の参考とさせていただきます。


飯塚会場

津久見会場
ページトップへ