トップ > 講演・会議資料(鉱山の保安)  > 平成29年度九州地方鉱山保安協議会

   平成29年度九州地方鉱山保安協議会の議事要旨について

 

1.開催日時   平成30年2月27日(火) 15:30〜17:30

2.開催場所       福岡合同庁舎本館8階 保安会議室

3.出席委員   学識経験者、鉱業権者代表、 鉱山労働者代表

4.議題          (1)開会

               (2)会長選出

               (3)九州産業保安監督部長挨拶

               (4)議事 

             【報告事項】

                @平成29年度鉱山保安の概況について

                A第12次鉱業労働災害防止計画の評価について

                B第13次鉱業労働災害防止計画の方針について

                C九州産業保安監督部の監督指導方針について

                          <配付資料>

                                   資料1  九州地方鉱山保安協議会委員名簿(105KB)

                                   資料2 九州地方鉱山保安協議会会長の互選について205KB)

                                   資料3 平成28年度九州地方鉱山保安協議会議事要旨213KB)

                                   資料4 九州管内の鉱山保安の概況について2.4MB)

                                   資料5  第12次鉱業労働災害防止計画の評価について5MB)

                                   資料6  第13次鉱業労働災害防止計画の方針について1.7MB)

                                   資料7  鉱山保安法施行規則等の一部改正案の概要について234KB)

                                   資料8  平成30年度鉱山保安に係る当部の取り組み(案)200KB)

                                    資料9  産業保安法令手続きの電子申請について287KB)

               ◇◇◇----◇◇◇----◇◇◇----◇◇◇----◇◇◇---◇◇◇---◇◇◇---◇◇◇

      【議事概要】
           (会長選出)  事務局から井上委員を会長として推薦し、満場一致により承認された。
           (報告事項) 

              @前回協議会議事要旨の確認について(資料3)
                  前回の九州地方鉱山保安協議会(H29.3.7)の議事要旨中、委員から意見のあった4つの事項(赤の下線部分)について、

                   当部の考え方、対応等について次のとおり事務局から説明。

 

                Q1.同業者で相互に評価できるシステムを考えたらどうか。

        (監督部)数の多い中小鉱山ではまだ組織的にシステム構築にはほど遠く、KY活動の延長レベルの鉱山も多い。一方、各地

                            区に鉱山の集まりである保安対策協議会があり、相互に鉱山パトロールや他鉱山見学などの活動を行っている。

                           当部としては、まずこれら協議会での鉱山同士の情報交換を通じてさらなる保安向上を図りたいと考えている。29

                            年度は、協議会に講師を派遣したり、協議会非加盟の鉱山にオブザーバー参加を働きかけたり、他地区の協議会

                            活動を紹介するなど、協議会活性化に向けた支援活動を行った。

 

                Q2.鉱山保安マネジメントシステム(以下、「MS」という)を導入し災害が減少した鉱山を表彰したら励みになるのではない

                        か。

         (監督部)改正法施行直後の平成17年・18年・19年及び25年にMSの取り組みの功績で鉱山表彰を行った。今後も、積極

                             的にMS活動を行っている鉱山を表彰していく予定。

 

          Q3.年齢と事故の関係性を5年以上に亘って分析してみてはどうか。

         (監督部)過去5年間の罹災者数では30代、40代、50代がほぼ同数で多い。過去10年分も独自に調べたが、特に目立っ

                             た傾向は見られなかった。鉱山によって年代の構成も異なり、また年代別の人数のデータもないので、傾向を見る

                             のは難しい。

 

          Q4.指標としての度数率、強度率のあり方を検討してはどうか。

        (監督部)12次計画期間中の度数率と強度率の結果と13次計画期間の目標値については後ほど説明させていただきます

                           が、13次計画では目標値として強度率を採用しない予定としております。

        

           <質疑応答>

               (委 員)保安対策協議会の活動はどれくらい開催されているのか。

               (監督部)29年度では、津久見地区、田川地区、熊本地区、鹿児島地区の活動を確認している。開催頻度は年1〜2回が多

                           い。

              (委 員)鹿児島地区対では監督部から講師を派遣してもらい、高齢者対策について講演してもらったが、大変好評で参考に

                           なったとの感想が多かった。今後とも講師の派遣をお願いしたい。

               (監督部)できるだけ派遣の方向で検討し、保安対策協議会を支援していきたい。

 

            A九州管内の鉱山保安の概況について(資料4)

                平成29年に管内で発生した災害4件(危害3件、自然災害1件)について事務局から報告。

           <質疑応答>

             (委 員)事例1について、事故に至る経緯はどうだったのか。また、今後の対応策は何か。

              (監督部)作業者の判断で管理者から指示された内容と異なる作業を行っていたもので、作業指示が不徹底だった。対策とし 

                           ては作業内容の権限を管理者のみとするなどの見直しを行っている。

             (委 員)事例2について、牽引に使用したダンプトラックは何トンか。

              (監督部)事故車、牽引車とも10トンである。

             (委 員)これらの事故事例は他鉱山にも提供しているのか。

              (監督部)全国で発生した事故は、メールマガジンにて管内鉱山に水平展開している。

 

           B中央鉱山保安協議会の報告について(資料5〜7)      

           ・第12次鉱業労働災害防止計画の評価について事務局から報告(資料5)。

                  ・第13次鉱業労働災害防止計画の方針について事務局から報告(資料6)。

                  ・鉱山保安法施行規則等の一部改正案について事務局から報告(資料7)。

          <質疑応答>

            (委 員)資料5−2P7のグラフをみると、鉱山では軽傷より重傷が多いが、一般の災害では重傷に対して軽傷の方が多いが、

                         軽傷の報告漏れということはないか。

             (監督部)サービス業では度数率の方が高い傾向があり、業種によって傾向が異なるのではないかと思う。鉱山の場合は従来

                          から度数率が低く強度率が高く、いったんベルトコンベア巻き込まれや車両転落災害が発生すると重篤災害になるこ

                          とが多いことが理由だと考えている。後で説明する13次計画では、この重篤災害防止をポイントの一つとしている。

      (委 員)資料5−2P10−11をみると、MS本格導入鉱山の度数率、強度率が小さく、MSの効果が出ているとの分析結果だ   

           が、MS本格導入鉱山の増加も鈍化してきており、MSレベルが下がってきている。MSを中小鉱山にどう導入していく

           かが課題では。

     (監督部)ご指摘のとおり。特に九州ではMS本格導入鉱山の割合が多く、近年、本格導入鉱山の増加は鈍化している。MS導

           入準備鉱山のレベルアップは簡単ではないが、13次計画では引きこれら鉱山のレベルアップに向けた支援を実施し

           ていく予定。

     (委 員)12次計画の強度率平均が全国0.63(資料5-2P3)に対して、九州は0.04(資料4P5)であり、桁が違うが理由は何

           か。

     (監督部)全国では死亡災害が影響し強度率が大きく上がっているが、九州は死亡災害が発生していないため強度率は低くなっ

           ている。

      (委 員)災害事例データベースとは何か。

     (監督部)平成17年以降の災害事例をエクセル表で整理しネットで公表しているもので、災害種類等のキーワードで検索できる

           ようになっている。ただし、図面がないので保安教育の資料として使いづらいとの声がある。今後、年齢のデータを追

           加するなどの改善をしていく予定。

           

      C平成30年度九州産業保安監督部の取り組み案について(資料8)    

         第13次鉱業労働災害防止計画の方針に基づき、当部の平成30年度の災害目標と取り組み案について説明。

     <質疑応答>

      (委 員)MSレベル3の1鉱山に対して保安指導を実施したとのことだが、レベルは上がりそうか。

      (監督部)非常に難しいが、鋭意レベルアップに向けて支援していきたい。

       (委 員)MSチェックリストは大きく変わるのか。

      (監督部)鉱山にとって、従来のチェックリストは自己評価の判断が難しかった。今回の新チェックリストは、まだ断定はできな

            いがその辺を大きく改善したものとなる予定であり、大きく変わる見込みである。

       (委 員)かつて頻繁に発生していた飛石災害が平成29年度は発生しなかった。発破勉強会の効果があったと思う。今後も

            続けてほしい。

      (監督部)前向きに考えたい。

 

      D その他(資料9)

         産業保安法令手続きの電子申請について、事務局から報告。

         鉱山保安関係では、災害月報の届出を平成31年6月から電子申請の見込み。

 

 

 ページトップへ