トップ > 事故・災害情報(鉱山の保安) > 鉱山保安マネジメントシステム構築・有効化モデル支援事業の成果報告書について  
◇◇◇ 鉱山保安マネジメントシステム構築・有効化モデル支援事業の成果報告書について ◇◇◇

 
 
九州産業保安監督部では、平成26年度から平成27年度にかけて、鉱山保安マネジメントシステムの構築・有効化の方策の知見を得るために、損保ジャパン日本興亜リスクマネジメント株式会社(現 SOMPOリスケアマネジメント株式会社)の全面協力のもと、管内のモデル鉱山を対象とした「鉱山保安マネジメントシステム構築・有効化モデル支援事業」を実施しました。
 また当事業の成果をもとに、管内の複数鉱山を対象ににした「ワークショップ(PDCAサイクルにおけるPlan(計画)の構築支援」を開催しました。
 今般、これらの成果報告書を以下に掲載しますので、ご活用下さい。


  ○鉱山保安マネジメントシステム構築・有効化支援事業成果報告書
     ・概要版 (PDF形式 3.7MB) 
     ・詳細版;
        現地研修報告書;PDCAサイクルにおけるPlan(計画)の支援 (PDF形式 10.7MB) 
        現地研修報告書;PDCAサイクルにおけるDo(実行)、Check(確認評価)、Act(改善)の支援 (PDF形式 7.2MB)

  ○ワークショップ(PDCAサイクルにおけるPlan(計画)の構築支援)
     ・概要版 (PDF形式 767KB) 
     ・詳細版(事業報告書) (PDF形式 15.0MB) 


ページトップへ