トップ > 業務概要(火薬類の保安)
火薬類の保安
業務概要

九州産業保安監督部の主な業務内容

  火薬類取締法(昭和二十五年法律第百四十九号。)においては、火薬類による災害の防止と公共の安全の確保を図るため、事業者の自主保安活動を促すことにより、保安管理体制の強化、保安教育の充実を図りつつ、合理的な規制を行うことで、火薬類の安全確保に努めております。

 このうち九州産業保安監督部では、九州管内の7箇所の火薬類製造事業所に対する火薬類製造施設や危害予防規程等の各種許認可の審査、事業所に対する保安検査や製造施設完成検査を実施し、保安対策が確保されるよう指導、監督を行っています。

 

 

火薬類の保安
お知らせ
・業務概要
事故・災害情報
関連法令
表彰・行事等
資格・試験
リンク
九州産業保安監督部 保安課
ページトップへ