トップ > 申請・届出(電力の保安)手続(太陽電池発電所)>使用前自己確認制度(太陽電池発電所)
電力の保安
使用前自己確認制度(太陽電池発電所)

制度の概要
 
近年、太陽電池発電設備の設置数が増加しており、設置者の発電設備に対する知識、保安力も多様化している。また、最近、中小規模の太陽電池発電設備について、突風や台風等によるパネルの飛散が発生し、近隣の家屋等の第三者への被害が発生している。

 このような状況を踏まえ、太陽電池発電設備について、使用前自己確認制度を導入することとした。

 

対象の施設
 ◎出力500kW以上2,000kW未満の太陽電池発電所の
設置
 ◎太陽電池発電所(50kW以上)における
変更で次に掲げるもの
   @ 出力500kW以上2,000kW未満の発電設備の設置
   A 発電設備の設置以外の変更であって次に掲げるもの
    イ 出力500kW以上2,000kW未満の太陽電池(太陽電池モジュール及び支持物。以下、同じ)の設置
    ロ 出力500kW以上2,000kW未満の太陽電池の取替え
    ハ 出力500kW以上2,000kW未満の太陽電池の改造であって次に掲げるもの
     1) 20%以上の電圧の変更を伴うもの
     2) 支持物の強度の変更を伴うもの
    ニ 500kW以上2,000kW未満の太陽電池の修理であって、支持物の強度に影響を及ぼすもの

 

使用前自己確認の方法

 使用前自己確認の方法については、経済産業省のページから最新の「使用前自主検査及び使用前自己確認の方法の解釈」を入手してご確認ください。

 

確認結果の監督部への提出

 使用前自己確認結果届出書を使用開始前までに提出してください。
  使用前自己確認結果届出書(様式第53)


よくある質問
  
QA集

 

平成29年4月17日に開催した制度説明会
  説明資料(pdfファイル)
  ご質問があった事項に対する回答

 

 

 提出先・問い合わせ先

   電力安全課 新エネルギー係(TEL:092−482−5519〜5522)

 

電力の保安
お知らせ
業務概要
・申請・届出
事故・災害情報
関連法令
立入検査結果
表彰・行事等
講演・会議資料
資格・試験
リンク
九州産業保安監督部 電力安全課
ページトップへ