主任技術者選任又は解任届出書

 自家用電気工作物を設置する者は、事業場又は設備ごとに電気工作物の工事・維持及び運用の保安の監督をさせるため、主任技術者を選任すべき旨を定めており(法第43条第1項、第2項)所轄 産業保安監督部長に選任(解任したときは解任)の届出をしなければならない。(法第43条第3項)
なお、主任技術者の自主保安体制の整備という観点から主任技術者の保安の監督の職務についての誠実義務を定めている。(法第43条第4項)
 主任技術者の選任は原則として当該事業場の従業者のうちから、第1種・第2種又は第3種電気主任技術者免状の交付を受けている者(有資格者)を選任すべきであるが、この場合主任技術者は、当該電気工作物の工事、維持及び運用の保安の監督の職務を支障なく遂行できる範囲内で他の職務を有することは妨げないものである。従って、当該事業場の従業者ということも、その事業場の専従者であることは、絶対条件ではなく、例えば、その会社の第1工場に勤務している者を第2工場の主任技術者として選任(その者がすでに他の事業場の主任技術者として選任されている場合は、施行規則52条第3項「兼任承認」の適用を受ける)することができるし、また、例外的には資本・役員等で密接な関係にある会社(親会社・子会社の関係)の従業員を主任技術者に選任することができる。
 しかし、これらの場合においても、その者が法第43条第1項(有資格者の選任)に規定する「電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の監督」の職制を支障なく遂行できることが保証されていることが絶対条件である。
 なお、「主任技術者の職務以外の職務を行っているときは、その職務の内容」の欄に記載しなければならないが、特に他に勤務先を有している場合等においては、その他に有している職務が主任技術者としての職務遂行に支障ないものであることを説明し得る内容のものでなければならない。

主任技術者選任又は解任届出書の様式及び記載例(様式46)

主任技術者選任又は解任届出書

平成 年 月 日 

   九州産業保安監督部長 殿

郵便番号 (○○○−○○○○)
住所 ○○県○○市○○町○○−○
(名称及び代表者の氏名)
氏名 ○○株式会社
代表取締役 ○○○○ 印

 次のとおり主任技術者の選任又は解任をしたので、電気事業法第43条第3項の規定により届け出ます。

主任技術者を選任又は解任した事業所の名称及び所在地 ○○株式会社 ○○工場
○○県○○市○○町○○−○
選任した主任技術者 氏名及び生年月日 ○○○○ 昭和○年○月○日
住所 ○○県○○市○○町○
主任技術者免状の種類及び番号 第○種 電気主任技術者免状
第○−○○○○号
主任技術者が主任技術者の職務以外の職務を行っているときは、その職務の内容 選任された○○○○は、当工場の工務課長の職務にあり、工場内の電気設備・機械設備・給排水等の管理にあたっている。
主任技術者の監督に係る電気工作物の概要
受電電圧 6,600V
受電電力 120kW
最大電力 220kW
常用発電設備 220V100kW
非常用予備発電設備

220V150kW

解任年月日 平成○年○月○日
解任した主任技術者 氏名及び生年月日 ○○○○ 昭和○年○月○日
住所 ○○県○○市○○町○
主任技術者免状の種類及び番号 第○種 電気主任技術者免状
第○−○○○○号
解任年月日 平成○年○月○日

※連絡先(Tel)○○○−○○○−○○○○ (内線○○○○) ○○課

備考

  1. 届出の内容が選任又は解任に限られるときは、それぞれの解任した主任技術者又は選任した主任技術者の欄を斜線により削除すること。
  2. 用紙の大きさは、日本工業規格A4とすること。
  3. 氏名を記載し、押印することに代えて署名することができる。この場合において署名は必ず本人が自署するものとする。
  4. ※については行政からの協力依頼分

戻る