トップ > 立入検査結果(電力の保安)
電力の保安
立入検査結果

■電力安全課では、電力の安定供給と公共の安全を確保するため電気事業法に基づき事業用電気工作物設置者(電気事業者、自家用電気工作物設置者)及び登録調査機関に対して、また一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安を確保するため電気工事業の業務の適正化に関する法律に基づき電気工事業者に対して立入検査を行っています。

 立入検査では、事業用電気工作物設置者の自主保安体制が十分機能しているか、登録調査機関に対しては業務を適正に実施しているか、また電気工事業者に対しては業務や手続きが適正に行われているか等を確認しています。

 その立入検査の結果、保安上の問題点があればその改善を指導しています。

 なお、法令違反について改善指導に従わない場合は、必要に応じて法に基づき指導や命令を行うこととしています。

 

過去の立入検査結果について[概要版]

平成27年度電気事業法に基づく立入検査の結果について(16/11/15)

平成27年度電気工事業の業務の適正化に関する法律に基づく立入検査結果について(PDF67kB)(17/02/07)

平成26年度電気事業法に基づく立入検査の結果について(15/09/11)

平成26年度電気工事業の業務の適正化に関する法律に基づく立入検査結果について(PDF59kB)(17/02/07)

平成25年度電気事業法に基づく立入検査の結果について(15/01/13)

平成25年度電気工事業の業務の適正化に関する法律に基づく立入検査結果について(PDF68kB)(14/06/06)

平成24年度電気事業法に基づく立入検査の結果について(13/10/17)

平成24年度電気工事業の業務の適正化に関する法律に基づく立入検査結果について(PDF86kB)(13/10/08)

 


違反事項等に係る公表について
波及事故を発生させた未選任事業場に対する注意について (17/10/31)
 
夏季の電力需要期における電気設備の保安管理について

                         火力発電所における保安対策を確認しました

                   〜九州産業保安監督部の今夏の電力需給対策への取り組み〜

 

 経済産業省は今夏の電力需給対策として、6月に電力事業者へ「夏季の電力需要期における電気設備の保安管理の徹底について」を要請していました。九州産業保安監督部は、この要請に対する九州電力株式会社の取り組みを確認するため、需給バランスへの影響が大きい火力発電所について、九州経済産業局と合同でヒアリング、立入調査を実施しましました。
 調査結果については、こちらをご覧下さい(2015/07/13)

  【調査対象発電所】
   1.九州電力株式会社 松浦発電所(出力:70万kW×1基)
   2.九州電力株式会社 川内発電所(出力:50万kW×2基)
 
 (本件に関する問い合わせ先)
   九州産業保安監督部 電力安全課長 本田
      担 当:古賀、梶谷
      電 話:092−482−5520

 


電力の保安
業務概要
申請・届出
事故・災害情報
関連法令
・立入検査結果
表彰・行事等
講演・会議資料
資格・試験
リンク
九州産業保安監督部 電力安全課

PDFファイルの文書等を表示する為にはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステム社で無償配布されています。お持ちでない方は下記サイトよりダウンロードしてください。

Adobe Readerダウンロードページ
ページトップへ