トップ > 業務概要(電力の保安)
電力の保安
業務概要

■電気保安に係る適正な指導・監督の実施
  電気は、国民の日常生活や産業活動の基盤を担うエネルギーとして極めて重要な役割を果たしていますが、一方で、その使い方を誤ると感電や火災、停電事故などにより社会に及ぼす影響は大きなものがあります。
 そのため、九州産業保安監督部では、こうした電気事故を未然に防止するため、電気事業法に基づく各種届出の受理、審査・検査等を実施するほか、電気工事士法電気工事業の業務の適性化に関する法律等に基づく適正な指導・監督業務に努めています。

 ■電気保安の維持向上に向けた取り組み
 電気保安の規制緩和に伴い、事前規制から事後規制へ、ハードからソフトへと規制の仕組みが移行し、いわゆる自主保安、自己責任の重要性が増してきています。
 具体的には、国の直接的関与の必要最小限化・重点化を図るため、技術基準の機能性基準化、工事計画認可と届出範囲の縮小、立入検査の機動的運用等を行っているほか、小出力発電設備の規制緩和、使用前検査の廃止、安全管理審査制度の導入等を実施しています。
 関係法令の改正等については、HPへの掲載や電気関係雑誌への寄稿、電気主任技術者会議・講習会等を通じて改正の趣旨、具体的内容の周知を行っており、電気保安の維持向上に向けた啓発普及活動の充実に努めています。

 
電力の保安
・業務概要
申請・届出
事故・災害情報
関連法令
立入検査結果
表彰・行事等
講演・会議資料
資格・試験
リンク
九州産業保安監督部 電力安全課

PDFファイルの文書等を表示する為にはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステム社で無償配布されています。お持ちでない方は下記サイトよりダウンロードしてください

ページトップへ